タダほど危険なものはない

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて整備されているものの一つに「公衆無線LAN(フリーWi-Fi)」があります。外でスマホやタブレット、パソコンをWi-Fiにつなげて無料でインターネットを楽しむことができます。契約しているデータ容量を気にせずに通信ができ、カフェやレストランなどで仕事をすることもできます。さらに最近では新幹線以外の電車内でもフリーWi-Fiがあり、通勤時にも恩恵があります。某CMではありませんが「ギガ不足」に悩む心配がないのです。
しかし一方でデメリットもあります。

速度の遅さ

特にドコモやau、SoftBankといったキャリアを使っている場合には、フリーWi-Fiに自動でつなぐ設定になっていることが多く、つながったとたんに速度が遅くてWebも表示できないといったこともあります。キャリアが用意しているフリーWi-Fiでも速度が遅い場合があります。

今現在、フリーWi-Fiは速くても10Mbps前後、遅いと1Mbpsも出ません。しかも遅いWi-Fiが多いため、自動でつながったとたんにニュースも見れないなんてこともあります。

セキュリティ

フリーWi-Fiの中には安全でないものが多く存在します。
見分ける方法の1つが「鍵マーク」です。

Wi-Fiにつなげる画面で鍵マークがついているものとないものがあります。ついているものはパスワードを入力して接続することで、通信が暗号化され、簡単には通信内容を覗き見ることができません。ついてないものは暗号化されておらず、メッセージや個人情報などの通信内容を見られてしまう可能性があります。

提供元がしっかりしていても、パスワードなしで簡単につなぎやすくするために、あえて鍵マークをつけないこともあるため、「大手企業だから安心」なんてこともありません。接続する場合は鍵マークの有無も確認しましょう。

それでは鍵マークがないフリーWi-Fiはつないだらダメなんでしょうか。もちろんつないでもいいですが、鍵マークがないWi-Fiにつないでいることを意識して利用する必要があります。

それは「どのような目的で利用するか」を意識して利用するということです。

特にショッピングや銀行取引などの個人情報を入力するようなことは避けましょう。ブラウザーだけでなく、アプリも同様です。アプリだから大丈夫なことはなく、アプリもブラウザーと同様に通信しているため、鍵マークがないWi-Fiに接続中にアプリを使うとアプリからの通信も覗き見られます。

Webでの調べ物やYouTubeでの動画視聴といったものであれば、覗き見られても心配ないと思います。

フリーWi-Fiは便利なため「ギガ難民」にもありがたいサービスですが、使い方に注意して利用するようにしましょう。”タダ”だからこそ、きちんと対策をしていれば、”危険がなくなって”いきます。

しかしこういったリスクは面倒だという方は、20~50GBの契約をして、外出先ではWi-Fiにつながず、安全な通信で楽しむのが良いと思います。

« »

コメントは受け付けていません。