講座サンプルムービー

講座数 全12講

講座詳細

「MOS2016(Microsoft Office Specialist)」は、Office2016の利用スキルを認定する世界共通の資格試験です。
「Wordが使えます」といっても、どの程度使いこなせるかの客観的な判断は大変難しいです。 MOS試験は、実務で求められる利用スキルを客観的に測り証明することで、履歴書に書くことができ就職や転職には大変有利な資格となっています。

MOS2016の試験形式はMOS2010やMOS2013とは異なり、マルチプロジェクトと呼ばれる形式で5個から7個のプロジェクトで構成されています。 プロジェクトごとに1つの文書(ファイル)が開き、そのファイルに対していくつかの編集を行いながら解答を進めていく方式となり、より実務に近いスタイルとなりました。

MOS Word2016は「Specialist」と「Expert」の2つのレベルに分かれています。
Specialistレベルは、書式設定や表作成・編集、作成文書の印刷などWordで一般的に広く使われる機能から出題されます。
本講座では、これらの出題範囲を試験内容に沿いながら、実務での効率良い操作方法なども交えてわかりやすく解説しています。
MOS合格を目指す方はもちろん、仕事でさらにWordを使いこなしたいという方、社内でもパソコンスキルをアピールできますので是非おすすめの講座です。
また、Officeはリリースされるたびに新機能も加わり、画面表示や操作手順も変化しています。
どんどん変化していくOfficeに躊躇なく対応できるように、以前のバージョンMOS2003やMOS2007で取得された方も、是非MOS 2016講座を学習してください!

テキスト:「Microsoft Office Specialist攻略問題集Word2016(日経BP社)」

第01講 実習用データの利用方法や学習の進め方の説明をします。 文書の作成方法を学習します。
第02講 文書内の移動方法や文書の書式設定を学習します。
第03講 文書の書式設定や文書のオプションと表示のカスタマイズ方法を学習します。
第04講 文書のオプションと文書の印刷方法、文書の保存方法を学習します。
第05講 文字列や段落の挿入や書式設定を学習します。
第06講 文字列や段落の並べ替えの方法を学習します。
第07講 文字列や段落の並び替え、グループ化の方法を学習します。
第08講 表の作成や、変更方法を学習します。
第09講 リストの作成や変更方法を学習します。
第10講 参照のための情報や記号を作成、管理方法を学習します。
第11講 標準の参考資料の作成や、管理を学習します。
第12講 グラフィック要素の挿入や書式設定、SmartArtの挿入や書式設定を学習します。