講座サンプルムービー

講座数 全13講

講座詳細

MOS(Microsoft Office Specialist)はOfficeの利用スキルを証明できる資格で、科目はOfficeとバージョンにより異なります。
MOS2016の試験形式はMOS2010やMOS2013とは異なり、マルチプロジェクトと呼ばれる形式で5個から7個のプロジェクトで構成されています。
プロジェクトごとに1つの文書(ファイル)が開き、そのファイルに対していくつかの編集を行いながら解答を進めていく方式となり、より実務に近いスタイルとなりました。

MOS PowerPoint2016は、プレゼンテーションの作成や管理、図形やSmartArtの挿入、画面切り替え効果やアニメーション効果の適用など一般的に広く使われる機能から出題されます。
本講座では、これらの出題範囲を試験内容に沿いながら本試験でのアドバイスと説明、さらに実務での効率良い操作方法なども交えてわかりやすく解説しています。

MOS合格を目指す方はもちろん、WordやExcelは使えるけど、PowerPointはあまりよくわからないという方、仕事でさらに資料配布やプレゼンで使いこなしたいという方、社内でもパソコンスキルをアピールできますので是非おすすめの講座です。
また、Officeはリリースされるたびに新機能も加わり、画面表示や操作手順も変化しています。
以前のバージョンMOS2003やMOS2007で取得された方にも、変化していくOfficeに躊躇なく対応できるように、是非MOS 2016講座も学習しましょう。

受講後は模擬テストプログラムで実際の試験さながらに操作の練習ができますので、弱点を克服し、安心して試験に挑んでいただけます。

テキスト:「Microsoft Office Specialist攻略問題集PowerPoint2016(日経BP社)」

第01講 実習用データの利用方法や学習の進め方の説明をします。新しいプレゼンテーションの作成やテンプレート利用しての作成、Wordを活用してアウトラインをインポートする方法を学習します。
第02講 スライドの挿入や削除、スライドの書式設定、ヘッダーフッターの挿入方法を学習します。
第03講 スライドマスターの書式設定、レイアウト、配布資料マスターを学習します。
第04講 ノートマスター、セクション、プレゼンテーションのプロパティを学習します。
第05講 プレゼンテーションの印刷設定、スライドショー機能を学習します。
第06講 目的別スライドショーやスライドの書式設定、段落の設定を学習します。
第07講 ワードアートやハイパーリンクの挿入、図形の挿入と書式設定を学習します。
第08講 図の書式設定、オブジェクトの並べ替えやグループ化、結合を学習します。
第09講 表の挿入やセルの書式設定、グラフの挿入やスタイルの適用を学習します。
第10講 グラフの要素の変更やSmartArtの挿入、書式設定を学習します。
第11講 ビデオやサウンドの挿入や画面切り替え効果の設定、アニメーションの適用を学習します。
第12講 アニメーション効果の追加やコピー、タイミングと継続時間の設定や2つのプレゼンテーションの比較を学習します。
第13講 コメントの挿入やレビュー、プレゼンテーションの検査や保護、別の形式にエクスポートする方法を学習します。