関数のネストを覚えよう!

夏も終わりに近づき、ゲリラ豪雨や雷雨がすごいですね。
私は雷が怖いのですが、怖がると子供も怖がるので、
怖くない(気づいてない)フリをして過ごしています。

夏も終わりってことは、これから怒涛のイベントラッシュ!
ハロウィン→クリスマス→正月→バレンタイン→ホワイトデー→新年度!
間には私の誕生日も入ってきます!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とことで、皆さん[関数のネスト]って知っていますか?
意外に知らない人も多い関数シリーズ!ってことで、
今回は[関数のネスト]のお話しますね^^

関数のネストは、簡単に言うと…関数の中に関数が入っている状態!

例えば…VLOOKUP関数を挿入したけどエラー値が表示されて見た目が悪い…なんてことありません?
顧客や商品管理表などを使用して、見積書などのフォーマットを作っている人には便利な機能です。

エラー値が表示されていなければいいのに…そんな時こそ関数のネスト!
エラー値を非表示にするIFERROR関数を利用します!

簡単で分かりやすい方法は、挿入しているVLOOKUP関数をコピーしてからセル内削除

[関数の挿入]からIFERROR関数を挿入

[値]にコピーしてあるVLOOKUP関数を挿入
[エラーの場合の値]には空白表示させるため「””」(ダブルクォーテーションを2回)入力してOK

あっという間に、エラー値が非表示になります!
でも、VLOOKUP関数も入っているから、
商品IDを入力すれば、ちゃんと商品名など表示されますよ!

数式はこんな感じ

さら~と説明したので、ご参考程度に^^
詳しく、しっかり学習したい方は、是非!お教室にきてみてくださいね^^

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です