MOSの資格は持っていると、どれぐらい価値がありますか?

MOSの資格は持っていると、どれぐらい価値がありますか?

1.就職・転職に有利?

パソコンスキルは企業で働く上で必須のスキルであり、中でもMicrosoft OfficeのWordとExcelは使えて当たり前と思っている採用担当者も多いはずです。

求められるスキルレベルは職業や職場によって異なりますが、まず最低限のパソコンを使えることを証明する上でMOS WordとMOS Excelに価値があると言えます。書類選考の時点で、「持っている人」と「持っていない人」で同じような経歴であれば「持っている人」が選ばれるのは想像に難くありません。

それから、入社して何をするのかによってはプレゼン資料作成ソフトのPowerPointや、データベース設計ソフトのAccessを持っていると喜ばれる職場もあります。同一バージョンの中で指定4科目に合格すると取得できる「オフィスマスター」が取得できれば、複数のオフィスを総合的に使いこなせるという証明にもなります。

最低限のスキルであるWordとExcelは必須で、あとは就・転職したい職業や職場に求められるスキルによって選択することが重要でしょう。

 

2.スキルアップの勉強になる?

Office製品にはただ作業しているだけでは知ることができない機能があります。それを知ることでわかりやすい資料の作成に繋がったり、作業時間の短縮になります。これを勉強するのにMOS資格を目指すことが近道になります。

しかし、ただテキストを購入して独学で勉強しては、試験でいい点を取ることができても、実践では使えない、なんて事になりかねません。その点パソコン教室わかるとできるでは使う場面を想定し丁寧な説明をしています。スキルアップを目指される方はわかるとできるの教室へ相談してみてください。

 

« »

コメントは受け付けていません。