「Office2019」は今より10%ほど値上げ!?/「Office365 Solo」のインストール台数制限撤廃!

今回はOfficeに関するニュースを2本お届けしたいと思います。どちらもMicrosoftが今後のOfficeに対する考えを示しているニュースになりますので、まとめてご紹介したいと思います。

「Office2019」は今より10%ほど値上げ!?

先ずは1つ目のニュースです。

7/25のMicrosoftの【公式ブログ】によりますと「Office2019」を含むいくつかの商品を10%程度値上げすると予告した様です。「Office2019」に関しては2018年の下半期に発売という事で現在未発売の為、販売中の「Office2016」より10%値段を高して発売する。という意味の様です。

しかも、調べたところによりますと「Office2016」が発売された時も「Office2013」に比べて10%弱が高くなっておりました。つまり「Office20××」シリーズは新製品が出るたびに価格が高くなっているのです!一方、「Office365」シリーズに関しては値上げについて言及されておりません。

これが示す事とは一体…

「Office365 Solo」のインストール台数制限撤廃!

2つ目のニュースになります。

こちらは8/30にMicrosoftから【発表】されたものになります。今まで「Office365 Solo」は、購入した人が使う「パソコン、スマートフォン、タブレットの内2台」までインストールが可能でした。しかし2018/10/2より購入者が使うものであれば「無制限に何台」でもインストールが可能になります。
※ただしインストールは何台にでもできますが同時に利用できるのは5台までとなっています。

今までは2台しかインストールできなかったのが、何台でもインストールできる為、メインPC、サブPC、スマートフォン、タブレットなどなど、自分が利用するデバイス全てにインストールできます。これにより「Office365 Solo」の利用者は今までに比べOfficeが何時でも何処でも利用できる様になります。

この2つのニュースが示す事とは…

Microsoftはクラウド製品への切り替えに本気になりだした!?

ここまでもったいぶらなくても分かる人はいらっしゃるかもしれません。
要はMicrosoftとして一度買ったら永久に使える「Office20××」シリーズの利用者を抑えて、毎月定額で使用料を払い続けるクラウド版の「Office365」シリーズの普及をより推進させたいという思惑があるのではないかと考えております。
※Microsoftではなく日本マイクロソフトですが【インタビュー記事】でもクラウドを推進すると明言されております。

今後もクラウド版の「Office365」シリーズの優遇が進んでいく可能性がありますので、今後Officeを購入する場合、「Office20××」シリーズと「Office365」シリーズどちらを購入するのか良く考える必要があるかもしれません。


もし「Office365」シリーズを利用し始めた時に1つ起こる問題として、常に最新のOfficeが自動的に提供されてしまうという点があります。簡単に言ってしまうと「Office2016」を使っていたのに気づいたら勝手に「Office2019」にアップデートされているという事が発生します。
アップデートによって画面や使い方が変わってしまい、操作方法が分からなくなってしまう…なんて事があるかもしれません。

もしこのブログをご覧の皆様の中で「Office365」を利用され、「自動アップデートにより使い方が分からなくなってしまった。」と言う様な事が今後起きましたら、是非お近くの「パソコン教室わかるとできる」にお越しください!Officeについてのお悩み事を解決させて頂きます!

« »

コメントは受け付けていません。