MOS学生世界大会の結果出ました!

祝!ついに男子学生で入賞者が!大野さんおめでとうございます!

前回の私の記事でもお伝えしておりました「MOS学生世界大会2018」。先日決勝戦が終わり、オデッセイコミュニケーションズ様の公式サイトでも結果が速報として発表されました!

MOS/ACA 世界学生大会2018【速報】決勝戦結果|オデッセイコミュニケーションズ

“今大会は世界116カ国延べ135万人を超す学生がエントリーし、決勝戦へと勝ち上がった48カ国152名の各国代表精鋭と日本代表は、エクセル、パワーポイントの決勝戦専用の試験に挑みました。決勝戦試験は年々難しくなっており、なかでもエクセル2016部門は決勝戦参加者が最も多い激戦区。そのような状況のなかで、日本代表が世界第2位を獲得したことはとても誇らしい結果です。”

上記サイトより引用

 

いやー、すごい!素晴らしいですね!

Excel2016部門で世界2位ですよ!

しかも男子学生の入賞は初!まさに快挙です。

 

社会人になったら一生名刺に記載していいと思います。なんならこの先もExcelを極め続けて、実務的なExcelのスキルを磨いた後、将来学生向けのExcelに関する本とか執筆しちゃえばいいと思いますよ。オデッセイコミュニケーションズさんもスポンサードしてあげて、N社とかF社とかG社から出版するとか、色々夢が広がりますね!(私だけ勝手に!笑)

とにかく、入賞された大野さんをはじめ、西村さん、小林さん、両角さん、お疲れ様でした!

 

学生の皆さんはぜひエントリーしてチャレンジを!

このMOS学生世界大会は毎年開催されています!

既に来年の大会に向けてのエントリーも案内が始まっていますよ。

MOS学生世界大会2019への参加はこちら!

学生の貴方、またはご家族に学生がいる方はぜひお勧めしてみてはいかがでしょうか!資格取得を目標にするのも勿論素晴らしい事ですが、その先を目指すのもきっと良いモチベーションになりますよ!

当社のようなパソコン教室に通って勉強するもよし、資格取得後に独学で勉強するもよし、きっと部活動やサークル活動だけでは得る事の出来ないご自身の貴重な経験になるはずです。

しかも、就職活動や就業後に必ず役に立ちますしね!(ここポイント!)

たとえ日本代表になれなくても、スキルアップの為に行った努力やその姿勢、どのような意識でで、どのような計画で勉強を進めていたのかなどの経験談は、就職活動の面接でも映えるエピソードになるはずです(しかも履歴書に資格は明記できますし!)。

私は学生の頃に生徒会とかボランティアとか、そういうのが好きだったのでやっていましたが、はっきり言って私が面接官だったら、そんなありきたりなエピソードよりも

 

「スキルアップの為に資格を取得する中で、MOS学生世界大会に出たいと思い、こういう気持ちでこういう勉強方法で挑戦しました。結果的には残念ながら日本代表にはなれませんでしたが、こうした中で得た知識や技術を今後御社の業務で活かしていきたいと思いますし、今後も自身のスキルアップについては積極的に取り組んでいきたいと考えています」

とか言われた方がよっぽど印象に残ります。

(あくまで私が面接官だったら、という主観ですし、業種や業界にもよると思いますが)

 

社会人になってからだからわかりますが、本当にOfficeやパソコンのスキルって重要です。今後、小学校でのプログラミング教育も始まるようですが、非常に良い取り組みだと思います。論理的な思考の基礎やプログラムの仕組みをなんとなくでもわかっているかどうかで、あらゆるものに対する「想像力」が変わってくると思います。

特に私は文系の道を進んできましたので、大人になってからそういう知識やスキルをほんのちょっとだけ身につけたわけですが、「捉え方」や「視点」が全く変わりました。

これはビジネスだけでなく、私生活においても重要だと思うんです。

 

と、最後はちょっと話がそれてしまいましたが、

学生の皆さん!ぜひMOS学生世界大会にチャレンジしてみてください!

 

それではまた!

 

« »

コメントは受け付けていません。