Office Lens とやらを使ってみた

iPhoneのappStoreでマイクロソフト関係のアプリを見てみたところ、評価の高い見慣れないアプリがあったのでインストールしてみました。

その名も「Office Lens」。名刺やレシート、ホワイトボードなどを撮影してデジタル化できるスキャンアプリらしいです。まぁよくあるやつです。

でもMicrosoftさんのアプリですもの。きっと凄いのでしょう。

さっそく起動してみます。

アプリからカメラの起動を許可するといきなり撮影の画面に。今回は例としてお使いで買い物を頼まれた際のレシートを撮影してみました。

カシャッと

おー、よれよれのレシートを適当な角度から撮影したのに、ちゃんとできましたね。では右上の完了をタップしてみます。

他のMicrosoft製のアプリを使っていてアカウント設定がされていれば、すでにアカウントは選択されているようです。では保存先にOneDriveを選択してみましょう。

できたっぽいのでWindowsパソコンからOneDriveを確認してみます。

あれ?うん?ないですね?

こういう時は冷静に状況把握を。そしてわかりました。同期フォルダを選択しているので、新しく上げたものは同期対象外だったようです。

OneDriveの同期設定画面を開くと「Office Lens」というフォルダが新しくできていますので、こちらをチェックします。

すると・・

あーできましたね。これは便利。

ちなみに中身を確認してみるとなぜかjpegで保存されていました。PDFを保存したい場合はエクスポート先を選択する際に「PDF」を選び、その後保存先の選択画面へ移るので、ここでOneDriveを選べばいいみたいです。

また、このエクスポート先でWordを選択した場合は、OCR機能で画像の中から文字を読み取り、テキスト化してWordに保存してくれる模様。

うまい活用方法が思い浮かびませんが、何かすごいですね。似たようなアプリがある場合でも、大企業が作ると他のアプリやサービスとの連携が売りになるのでやはり強いです。

手元にスキャナーがない、紙の資料が多くて処分に困っている、なんて時はカシャカシャとデジタル化してそのままOneDriveに突っ込んじゃえば、とりあえずは片付く気がします。

もうすぐ大掃除ですしね!
今年もあとわずかですので、悔いの残らないよう頑張りましょう!

参考にしたサイト

 

« »

“Office Lens とやらを使ってみた” への2件のフィードバック

  1. アズマ より:

    レンズっていうアプリ名がいいですね。
    出先で書面をレンズでスキャン、事務所でPC開いてOCR編集…。
    テキスト編集は時短できて便利そうですね。

    • たかし たかし より:

      アズマさん

      コメントありがとうございます。
      使い方をいろいろと考えるのが楽しいアプリですね。
      OCRの精度は使ってみないとわかりませんが・・。