知られざるExcelアートの世界をご紹介!

当サイトは「MOS資格サイト」として主に資格やビジネスという観点からOfficeについて取り扱っておりますが、今回は思いっきり道をそれて「Excelアートの世界」についてホンのちょっとだけご紹介したいと思います!

ご紹介するのはExcelの「図形」機能をアートとして利用している方々です。

※「図形」機能とは左図の通り、Excelで四角形や矢印、吹き出しなどを描ける機能です。私もよく仕事で資料を作る際に利用しています。

 

 

 

 


一人目は定年退職後にExcelアーティストになられた「堀内辰男」氏です。その超絶ぶりに日本のみならず海外でも大絶賛されております。

その作品の一部だけ載せさせて頂きます。

 

 

 

 

衝撃的ですね。この絵がExcelの「図形」機能で描かれているとは、とても信じられません。なお、あまりにも図形を使いすぎてなんとExcelファイルのサイズが288MBまでいってしまった作品もあるとの事。

そんな堀内氏をSONY様が取材された時の動画がyoutubeにアップされておりますので興味のある方は是非ご覧ください。

また、ご自身のサイトで作品を公開されていますので興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

堀内辰男のエクセルで描くパソコン画(別サイトが開きます)


二人目の方は「田澤誠司」氏。テレビで取り上げられた事もありますのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この方はExcelの図形の「フリーハンド」という自由な線が引ける機能を使って以下の様なLINEスタンプを作成された方です。

 

 

 

 

 

 

 

濃いですね!独特の画風、シュールさがクセになりそうです!このLINEスタンプ「団塊の世代」はその名の通り、団塊の世代をターゲットとして作成されたそうですが、Twitterで若者世代に話題となりなんと2万セット以上を売り上げたそうです。スタンプは下記のサイトで販売されております。

団塊の世代 – LINE スタンプ| LINE STORE(別サイトが開きます)

LINEスタンプ「団塊の世代」のセット以外にも田澤氏はいろいろな種類のLINEスタンプを作成されておりますので、興味のある方はぜひ買ってみてください!


この様にExcelはビジネス目的だけではなく、アートとして活用される方もいらっしゃいます!また上記の方以外でExcelアートをされている方もおりますので、興味がある方はインターネットで検索してみて下さい!また、MOSの勉強の息抜きとしてExcelアートにチャレンジしてみるのも面白いかもしれません!

いや~ビジネスからアートまで何でもできてしまうExcelの懐の深さ、素晴らしいですね!

 

« »

コメントは受け付けていません。