「ググればわかるから」が非効率だということ

8月も終わり、もう9月です。

学問の秋間近、という事で今回は学び続けることの大切さについて。

 

調べて自分で解決出来るという事は素晴らしいこと。ただ…

Excelをお仕事で使っている方の中には、

「基本操作は出来るけど関数はちょっとイマイチ。でもググれば(Googleで検索すれば)わかるからそんなに困ってないかな。」

なんて方がいます。

 

確かに、基礎的な関数の使い方などはインターネットや書籍の中にも記載がありますし、「困ったら調べて解決出来るから問題ない」というスキル自体は良い事でもあります。

一番困るのは、「困った時に調べる術を知らない」・「調べても自分で解決出来ない」というパターンですからね。

さて、「ググればわかるから」は、表面的には問題・課題を解決出来るのでオールオッケー!のような気もしますが、ちょっと考えるとあまり良くない傾向でもあると言えます。

 

ポイントは、調べるのに、そしてその情報から解決するのにかかっている「時間」ですね。

 

「調べて・解決」にはどうしても時間がかかりがち

「こういうグラフを作りたい」「こういう計算式でファイルを作成したい」という時に、上手くいかない。どうすればいいんだろう?あるいは、使う関数はわかっているのになぜか上手くいかない。どう編集したらいいんだろう?

こういう時、調べて、そしてその情報をもとに解決をしていくわけですが、これが結構時間がかかります。

 

検索する時のコツ(検索力とでもいいましょうか)がないと、内容によってはまず情報を見つけ出すことも難しいケースがあります。

場合によっては解決策がネット上で提示されていない事もあるので、検索した時間が丸々ムダになってしまう。なんて事も。

 

さらに、解決策が記載されているページを見つけたとしても、それがピンポイントで解決する情報とは限りません。特定の機能を使えば一発で解決する内容(例えば、印刷時に表の項目名を2ページ目以降にも表示したい時は「印刷タイトル」を使えば良いだけだった、等)であれば問題ありませんが、関数にかかわるものだったり、条件付き書式の設定など、自身が操作しているファイルの内容に応じて応用的な操作が必要な場合は、見つけた情報をもとにそこから試行錯誤が発生する可能性があります。

そうなると、さらに「時間」がかかります。

 

こうして、調べてから解決するまでに仮に1時間かかったとします(30分でも同じですが)。

これは良い状況と言えるでしょうか。

もちろん、自身で調べ、解決したという「結果」は良いかもしれませんが、多くの「時間」をムダにしています。

 

 

英和辞書があるから英字新聞でも大丈夫!!…?

普段、私を含め皆さんは何の為にショートカットキーを使っているんでしょうか。

3秒かかる操作を1秒にする積み重ねで効率化をはかった30分も、「ググればわかるから大丈夫」という魅惑のフレーズに甘えた結果、1回の「わからない」で消し飛ぶわけです。

極端な話、「『Excel』における『ググればわかる』から大丈夫」は、「英語辞書で調べればわかるから新聞は英字でも大丈夫」と同義だと思います。

 

だからこそ、私は本ブログ内でもExcelの資格をとるならエキスパートレベルまでは取得する事をお勧めしています。ビジネスでExcelを使う場合にはむしろその辺りのレベルからがスタートラインだと思います。

ショートカットキーで普段の作業の効率化をはかりながら、出来る限りわからない事をなくしていき、「検索する」「書籍を参照する」「他人に聞く」という時間の無駄を省いていく事で、より少ない時間で目標とするデータを作成する事が出来るようになるのだと思います。

かくいう私もまだまだそれが出来ていないので、自分への戒めとしてもこの記事を書いているわけですが、「ググればわかるレベルにはなったから」と慢心せずに、いつでも学ぶ気持ちを持っておきたいものです。


英語の勉強法の1つとして、TVである芸人さんがこんなような事を言っていました。

 

単語がわからなくて英和辞書を引いた時、1度調べた単語にマークをつけておく。2度目に同じ単語を調べたなら、さらにマークを追加する。3回目にはさらに。こうすると、自分がこの単語を何回調べているのかがわかる。

こうして、例えば3回調べた単語だけをピックアップして単語帳を作成する。そしてその単語たちを集中して覚える。こうして苦手な単語を把握して覚える事を繰り返すと、自然とわかるようになる

 

※あくまで大まかにはこういう事を言っていた、というご紹介です。細かい部分は違っているかも知れません。

 

Excelを使っていて、「わからなくて調べる」という事は必ず発生します。その時に、上記のように、同じ事を何度も調べている場合はそれをしっかりと認識して、次は調べずにスムースに操作できるよう、復習する事が大切ではないかと思います。

 

今回もMOSとは直接関係ないお話でしたが、ちょっと真面目なお話でした。

それではまた。

« »

“「ググればわかるから」が非効率だということ” への1件のコメント

  1. あずま より:

    あつしさんの長けたライディングスキルに感服します。まさに その通り、私も同感です。ただ悲しいことに、その概念を理解はしても、いざ代価を払って学ぼうとする人が殆どいないというのが現実です。その市場へのwebマーケティングが出来ていません。それが出来れば、もっと繁盛するのですが…。