Vistaサポート終了と新しいWindows

みなさんこんにちは、突然ですが4月11日は何の日かご存知でしょうか?
…正解は、2006年に発売された「Windows Vista」の延長サポートが終了する日です!(米国時間)

「Windows Vistaまだ使ってる!」なんて方いらっしゃいませんか?今回は、サポートが終了したWindowsを使い続けるとどんな危険性があるか?またそれに代わる最新のWindowsのご紹介をしたいと思います!

メインストリームサポート?延長サポート?

まずは、前提としてWindowsのサポートについてざっくりお話を。
Windowsサポートには「メインストリームサポート」と「延長サポート」の2種類があります。
メインストリームサポートとは、セキュリティ更新プログラムや新機能の追加、仕様変更などが提供されます。メインストリームサポートが終了すると延長サポート期間に入ります。
延長サポートで提供されるのは、主にセキュリティ更新プログラムで、脆弱性やバグへの対応のみとなっていきます。

今回のWindows Vistaのサポート終了は、後者の「延長サポート」のことです。では、その延長サポートが終了するとどのようなことが起こるのでしょうか?

使い続けると危険な状態に!!

延長サポートが終了してもすぐに使えなくなるというわけではありません。ではなぜ「サポートが終了する!対応しなくちゃ!」となるのでしょうか?
延長サポートが終了して更新プログラムが提供されなくなると、例えば新たな脆弱性が見つかってもその問題は修正されません。そのまま使っていると、ウィルスなどに感染して個人情報が漏洩するなど、さまざまな危険性が増えていきます。
「パソコンを危険な状態で使っている」と考えてよいと思います。
では「まだVistaを使ってる!どうしたらいい?」という場合の対処方法をご紹介します。

新しいパソコンに買い替える?アップグレード?

まずは、最新のWindows10のパソコンに買い替える方法です。1番てっとりばやいですね。
いろいろなご事情で「新しく買えない!」という方は、Windows Vistaをアップグレードする。
という手もありますが、ここで1つ注意が必要です。
新しいWindows10へアップグレードを行うには、システム要件をクリアしていなければいけません。要はパソコンの性能が新しいOSに対応してちゃんと動くか?ということですね。
システム要件について、詳しくはMicrosoftのホームページを確認してくださいね!

もちろん、インターネットに接続しない、外部メモリーを接続しないなど。外部との接触を一切遮断して使うこともできますが…これでは本来のパソコンの便利さはないですよね。笑。
それでは、今度は最新のWindows10について少しご紹介したいと思います。

Windows7と8.1の良いとこどり!?

最新のWindows10のデスクトップ画面はこんな感じです。

WindowsXPや7の[スタートボタン]とWindows8.1の[スタート画面]が合体したような[スタートメニュー]が搭載されています。
個人的には、WindowsXP→Windows7→Windows8.1と使い、現在Windows10を使っていますが、それぞれのOSのよいとこどりでとても使いやすいと感じています。

また、今までのOSと大きく違う点は、定期的なアップデートで進化していくという点です。
無償でいつでも最新のOSが使えるというのは大きなメリットですよね!
実は、Windows Vistaサポート終了日と同日の4月11日に、Windows10の大型アップデート「Creators Update」が行われる予定です。その名称の通り、クリエイティブ(?)な新機能が搭載される予定ですよ!3Dのアートワークがかんたんに作れるとか…そのへんのお話はまた次の機会に!

さて、ここまでかんたんに説明しましたが、Windows Vistaをお使いの方で
「結局どうしたらよいのかわからない!!」という方もいらっしゃるかと思います。
是非お近くのパソコン教室わかるとできるにご相談にお越しくださいね!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です