フリーフォントの注意点と一部ご紹介

こんにちは。

私は普段ホームページやポスターなど、色々なもののデザインなんかをやらせていただいているのですが、デザインに欠かせない事の一つがフォント(文字の書体を揃えたデータ)です。もちろん、WordやExcelなんかのoffice系ソフトでも利用できます。

ですが、購入するとなるとかなり高価な物が一般的です。例えば、有名どころでモリサワフォントの「新ゴ」ファミリーを購入しようとすると1つにつき20,000円弱、ウェイト(太さ)を揃えるとなると5~6万は軽く飛んでいきます。心が折れます。

それでもきれいなフォントを使いたい!カッコつけたっていいじゃない!という時に活躍してくれるのがフリーフォントです。フリーとは無料の意味。無料より安いものはないということ。しかし、闇雲にインターネットで検索してダウンロードしたフォントを使う前に、注意すべきことがあります。

先ほども言いましたがフリーは無料の意味であり、自由ではありません。つまり、著作権を持つものが使用できる範囲を決めることができるのです。商用が可能なのか、印刷物で利用できるのかなど、利用についての規約を確認する必要があるのです。

 

では実際に私も利用しているフォントをいくつかご紹介します。

M+

スクリーンショット_030316_114315_AM

角ゴシックならこれがあればひとまず安心?直線とカーブがきれいで使いやすいフォントです。ウェイトの種類が豊富なのでタイトルや中タイトル、本文に合わせて太さを変えて使用できます。

 

Rounded M+

スクリーンショット_030316_114801_AM

上述した「M+」の丸ゴシックバージョンです。「M+」と同じくウェイトが豊富です。やわらかいイメージにしたいときは当然「角」より「丸」ですね。

 

やさしさゴシック

スクリーンショット_030316_120014_PM

丸じゃないけどやさしいの無いの?と思ったらこれ。作者様が「やさしい気持ち」で作ったフォント、だそうです。手書き風ではあるけどあまりガチャガチャしていないくて読みやすいので、やさしさを発揮したい本文で使用してみてはいかがでしょう。

 

ふい字

スクリーンショット_030316_014146_PM

手書き風じゃなくて手書きフォントが使いたい!と思ったあなたにはこれ。手書きフォントはたくさんありますが、漢字も記号も豊富に用意されているのはそんなに無い?かな。字がうまい訳でも可愛い訳でもないけど、手書き感はすごい出ます。

 

自由の翼フォント

スクリーンショット_030316_015540_PM

アニメ「進撃の巨人」第二期のオープニングロールで使われていたフォントをマネて作られたフォントだそうです。下に伸ばす棒が長く、かなり特徴的でカッコいいフォントだと思います。使いどころは・・・今のところありません・・・。「一匹残らず駆逐してやる」ときに使いたいと思います(わからない方すみません)。

 


 

以上、たくさんある中から使い勝手の良さそうなもの(最後の除く)をいくつか紹介させていただきました。フォント変えただけで印象がガラリと変わることがありますので、みなさんも自分に合ったフォントを見つけてみてください。その際は必ず利用規約(ライセンス)を確認してくださいね。

« »

コメントは受け付けていません。