新試験MOS2016「マルチプロジェクト」とは!?

af0100037909

MOS2016の出題形式が発表になりましたので、お知らせいたします!
MOS2016は、「マルチプロジェクト」という出題形式が導入された。とのこと。。。
マルチ?プロジェクト?ん?なんだか難しそうさ響きですが…。

マルチプロジェクトとは?

簡単にいうと「マルチ=複数の」「プロジェクト=ファイル」という感じでしょうか。
要は、1つの試験で「複数のファイル」を完成させていく試験なんですね!
というのも、今までの出題形式は以下のような形でした。

・MOS2010は「一問一答形式」=1問ずつ独立した問題で、クイズのような出題形式
・MOS2013は「ファイル完成型」形式=問題を回答しながら1つのファイルを作る出題形式

MOS2013は、”より現実に近い操作”をコンセプトに改善されました。たしかに「あ、こういう操作よくするよね~」みたいな状況が試験にでます。
ただ、1つのファイルを完成させる形式なので、最初の方でつまづくと後に響いてくる…という弱点もあったかと思います。
MOS2016は、4個~7個の問題で1つのファイルを作成していきます。作成するファイルは、5個~7個ということです。それぞれのファイルは独立しているので、ファイルで行った操作は、他のファイルには影響されません。

ちょっとおもしろそうですね!しかも、”より現実に近い操作”なので、資格をとるだけではなく、実務にも役立つと思います。

出題形式や試験範囲、試験開始時期について、より詳しくはオデッセイコミュニケーションズ様のMOS2016試験概要のページで確認できますよ!
MOSWord2016の試験は、12月予定ということなので、受験しましたらまた報告いたしますね!

« »

コメントは受け付けていません。