MOS 2016試験に関する続報は…?

さてさて、2016年の夏真っ盛りな今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。巷ではポケ○ンGOが盛り上がっていますが、パソコン関連では、Windows10のアニバーサリーアップデートもあって、細々と変化が見られました。

pokepoke_R

一方Officeはというと、大手を中心に法人のOffice365導入が加速していますね。Office suite(いわゆるWord,Excel,PowerPoint等)がPC、スマホ、タブレット各5台、最大15台までインストール出来て、かつ常に最新版を使えるのもそうですが、Office OnlineやSharePoint、Skype for Businessなど(他にもありますが)、ここまで総合的にケアしてくれると便利です。

「一気に変えるのは大変だが、変えてしまえばとても便利」というのがOffice365です。導入のハードルをクリア出来るような企業にとっては、まさにワークスタイルを革新的に変化させ、生産性が劇的に向上するサービスだと思います。

 

MOS 2016試験はどんな状況なのか

 

さて、本題のMOS 2016試験に関する情報ですが、「2016年秋以降」という公式アナウンスからは実は特に進展がありません。

オデッセイコミュニケーションズの公式HPでもお知らせがある通り、今すぐMOS資格を取得するなら、MOS 2013資格をとってください。といった状態です。丁寧に、Office2016ユーザーがMOS 2013試験の対策をする時の注意点も教えてくれています。(お知らせページはこちら

実際問題、Office 2013を使いこなす事が出来れば、Office 2016もほぼOKだと思いますので、安心してMOS 2013試験を受験していただいて大丈夫かと思います。

 

 

pp_notekey_TP_V

ただ、

ただ、

もし「来年の春くらいまでに取りたいなー」という長期的な計画をされている方がいらっしゃれば、MOS 2016試験の開始まで待ってみるのも良いと思います。

 

その理由としては、

試験範囲や出題形式、マスター取得条件、受験料金等がMOS 2013試験から変更になる可能性があるからです。

もしMOS 2016試験が、MOS 2013試験よりも受験しやすい仕組みや料金だった場合は、それを見極めてから受験するのも良いと思います。

過去の試験においても、色々な変更が加えられています。MOS 2007試験では試験範囲が変わり、MOS 2010試験で試験範囲は戻り、MOS 2013試験では出題(解答)形式が大きく変わりましたよね。それぞれの試験開始後にわかる事も多くあるので、急いでいない方は待ってみても良いかも知れませんね。

 

MOS 2016試験で何か変わるとしたら…

 

もし何か変わるとしても、個人的には、料金はそのままではないかなと思います(学割やもっとExcelキャンペーンのような特殊な割引は期間限定であるかも知れませんが)。

なので、変わるとしたら出題範囲か、出題(解答)形式か、Officeマスターの取得要件かなと思っています。(あくまで個人的には)

いずれにしても、MOS 2016試験はもう少し先!

2013でも2016でもいけるように、今の内から基礎をしっかり学習しておきましょう!

 

それではまた!

« »

コメントは受け付けていません。