さようなら。MOS 2007試験。

以前の記事でもお伝えしていた通り、Microsoft Office Specialist(MOS)2007試験が2016年3月31日を以って終了いたしました。

と、いう事で今回は、MOS2007試験を振り返る回顧的なマニアック記事をお届けします。そんなに需要はないと思いますが、何を隠そうこのブログはパソコン教室わかるとできるの「MOS資格サイト」です。MOS試験に関する記事を書く事が使命なのです(キリッ)。

-shared-img-thumb-MARBEE16032909_DSC0911_TP_V

さて、MOS2007試験ですが、そもそもOffice2007がいつ発売されたかという所から振り返ってみます。Wikipediaによりますと、発売日は2007年1月30日との事。OSのWindows Vistaと一緒にリリースされた形です。

同じ年に生まれた有名人がいないか探してみましたが、まだ9歳なのでいませんでした。逆にシドニィ・シェルダンというアメリカ人の脚本家・小説家の没日でした。代表作は『真夜中は別の顔』です。1992年にテレビ朝日で、黒木瞳初主演でドラマ化されているそうです。

 

Office2007では、ユーザーインターフェイスが大幅に変わりました。今ではお馴染みの「リボン」が採用されたんですね。

Excel2007リボン

そういう意味では、Officeの中でもちょっとした革命児です。ちなみに、サポート終了予定は2017年10月10日

 

MOS2007試験はどれくらい受験されたのか。勝手に予測してみます。

そんなOffice2007の資格試験であるMOS2007ですが、最終的にどれくらいの方が受験されたのかを調べてみますと…

全然わかりませんでした。。

バージョン別の累計受験者数等は公開されていないようです。

 

ここからは推測になりますが、

  1. (1).2016年02月末現在の日本国内のMOS試験 累計受験者数が約370万人
  2. (2).2012年05月で累計300万人突破の公式発表(2010試験は2010年12月開始)
  3. (3).2007年12月で累計200万人突破の公式発表(2007試験は2007年07月開始)
  4. (4).ちなみに、2004年01月で累計100万人の発表。

※ソースは全て「ニュース|MOS公式サイト」から

 

つまり、累計370万人のうち、「4.」を考えると、2004年01月時点で稼働していた以下の試験

  • Office 2003試験
  • Office XP(2002)試験
  • Office 2000試験
  • Office 97試験

 

で、少なくとも100万人以上が構成されているわけですね。

それを踏まえて「3.」を見てみると、2007試験登場直後(5ヶ月後)には200万人にいっているわけですから、200万人のうち、190万人くらいは上記の2003試験以前のような気がします。

そうすると、累計370万人から2003以前の受験者と思われる190万人を引いた【180万人】が、2007・2010・2013の試験をメインに受けている層というわけです。

 

180万人が2007・2010・2013を受験しているということは…

この180万人の内訳ですが、2013試験が登場したのが2014年2月です。370万人の発表までの稼働期間は2年間。2010試験は2010年12月開始ですから、稼働は5年強。2007試験は前述の通り2007年7月からなので、稼働は8年強になります。

 

と、その他諸々の情報を鑑みて(長くなるので割愛します)、私の中での180万人の内訳予想は以下の通りです(あくまで予想ですよ!)。

 

 

  • MOS2013試験:11.5万人
  • MOS2010試験:87.5万人
  • MOS2007試験:81.0万人!

 

みたいな感じではないかと思っています。少なくとも、2013試験についてはイイ線いってるはずです。2010試験と2007試験の割合は、Vista/2007とWin7/2010のシェアとかを考えるとうーん。という感じもしますが。

という事で、私の予想ではだいたい80~90万人くらいの方が受験したと思われる、MOS2007試験は、惜しまれつつも先日その役目を終えました。

 

↓全国のパソコン教室わかるとできるの教室でMOS試験が受験できます

 

MOS2007は変わった子。MOS2013もそうなるかも。

MOS2007試験は、当初スペシャリストとエキスパートの区分がない試験でした。実際に試験稼働後にエキスパートが追加されたというちょっと変わった経歴の持ち主です。ですので、若干スペシャリストのレベルが他のスペシャリストより高いと言われています。

Officeのバージョンアップと共に進化・変化していくMOS資格試験ですが、こうした歴史も注目してみるとちょっと面白いかも知れません。10年後くらいには、「MOS2013はエキスパートがPart1とPart2に分かれている変わった子だったんだよ。懐かしいなぁ」とか言っているかも知れませんね。

 

と、いう事で、さよなら2007試験。

2016試験はきっと今年中に開始されるはず!

今後も引き続き情報発信して参りますので、ぜひチェックしてくださいね。

« »

コメントは受け付けていません。